専業主婦キャッシングの条件とチェックリスト

毎日の家計のやりくりを何とか乗り切っている専業主婦にとって、急にまとまったお金が必要になるのって怖いですよね。

 

SIMガール

 

もちろん貯金で賄うことができればそれが一番です。

 

でも、それが難しいこともあるでしょう。

 

特に、急にお子さんが病気になったり、冠婚葬祭で結婚式のご祝儀やお葬式のご香典が必要になったりした場合、どうしても借り入れ
をすることが必要になります。

 

このとき、個人がお金を借りるということになり、その場合、だれかにお金を借りるよりも消費者金融や銀行でキャッシングをするのが一般的です。

 

しかしながら、現在は貸金業法における総量規制という決まりがあり、専業主婦が利用できるキャッシングローンは限定されています。

 

当サイト『専業主婦キャッシング』では、収入を持たない専業主婦がキャッシングできる種類のローンと、その利用条件について詳細にまとめました。

 

専業主婦が慢性的にお金を借りるのはお勧めしませんが、どうしてもお金を借りる必要がある場合は一時的にキャッシングをするのも有効な手段ではないかと思います。

 

もし、キャッシングをする必要があれば、こちらで紹介する方法でお金の工面をしてはいかがでしょうか。

 

※当サイトでは、専業主婦を安定収入がない主婦として定義することでキャッシングの話を進めていきます。

 

 

 

専業主婦がキャッシングをする方法2種類

総量規制は2010年に貸金業法に導入された決まりです。

 

総量規制は、個人が借りれる可能額を年収の3分の1までに制限する法律です。

 

たとえば、年収300万円の人は、その3分の1である100万円以下の金額しか借りれないということになります。

 

総量規制には例外があり、銀行のローンは総量規制の対象から外されます。

 

総量規制の対象となるのは、貸金業者(消費者金融・クレジットカード会社)からのキャッシングです。

 

そのため、収入を持たない、つまり職に就いていない専業主婦は、消費者金融や信販会社では借り入れができなくなりました。

 

それまでは、本人に収入がなくても配偶者に安定した収入があればお金を借りることも可能でしたが、現在の消費者金融や信販会社は
、収入のない専業主婦の借り入れ審査はほぼ間違いなく通ることはありません。

 

ここまで話すと専業主婦がキャッシングをする方法はもうお分かりですよね。

 

専業主婦でも銀行カードローンを利用すればキャッシング可能です。

 

でも、銀行カードローンだけが専業主婦がお金を借りる方法ではありません。

 

もう一つ、配偶者貸し付けという方法もあります。

 

銀行カードローンと配偶者貸し付け、どちらが良いのでしょうか。

 

まずは、銀行カードローンから説明しますね。

 

夫(旦那)に安定収入があれば銀行カードローン

銀行カードローンは先ほども申し上げましたが、総量規制の対象外なので専業主婦の利用も可能です。

 

これは、改正貸金業法が、貸金業者を対象とした規制であり銀行は適用対象として該当しないためです。

 

銀行は、銀行法によって規制されることになります。

 

したがって、銀行カードローンの中には収入がない専業主婦も利用できる金融商品があることになります。

 

とはいえ、銀行がいくら総量規制の対象外であるからといって、すべての銀行ローンが専業主婦が利用できるわけではありません。

 

配偶者である夫(旦那さま)に安定した収入があることは、専業主婦がカードローンを使うための前提条件です。

 

銀行ローンは、消費者金融などと比較するとカードローンの金利が低いので、専業主婦もまずは銀行ローンを検討することが大切となります。

 

夫婦の年収を合算!配偶者貸し付け

配偶者貸付というと、あまり聞き慣れない言葉なので、どんな意味なのだろうと思われる人も多いでしょう。

 

配偶者貸付は、専業主婦のために作られた総量規制救済策です。

 

配偶者貸付の場合、夫婦であることが証明できるのであれば、夫婦の年収を合わせた金額の3分の1を超えない金額を借りることができます。

 

例を挙げますね。

 

年収0円の専業主婦の方と、年収300万円の配偶者がいるとすれば、夫婦二人の収入を合算し、300万円の3分の1である100万円までであれば、専業主婦の方も借り入れが可能だということになります。

 

配偶者貸付の利用条件

配偶者貸付の利用条件はシンプルで2つしかありません。

 

■年収額を合算する二人は夫婦である必要がある。
■妻、あるいは夫が専業主婦(主夫)である場合、もう一方のパートナーに安定した収入がある。

 

以上の2つとなります。

 

配偶者貸付の必要書類

配偶者貸付に必要な書類は以下の4種類となります。

 

■妻(夫)の本人確認書類
■夫婦であることが証明できる書類(住民票、戸籍抄本など)
■夫(妻)の同意書
■夫(妻)の収入証明書(所得証明書、源泉徴収票、確定申告(税務署の印があるもの))

 

配偶者貸付を行っている業者

配偶者貸付を行っている業者の数は少ないので、やはり、まずは銀行カードローンの利用から検討した方が良いでしょう。

 

 

配偶者貸付は、通常の貸付と比較すると必要となる書類の数が多いため、業務量が増えて、しかも大きな収益もみ込めません。

 

なので、業者にとっても積極的に受付をするメリットがないんですうよね。

 

しかし、信販会社のセディナやレディースフタバ、ベルーナノーティスは数が少ないですが、配偶者貸付をしている金融機関です。

 

もし、配偶者貸付をどうしても利用したい場合は、今名前を挙げたセディナ、レディースフタバ、ベルーナノーティスでお金を借りることも検討してみると良いでしょう。

 

安定収入がある主婦の場合、選択肢がたくさん

専業主婦のキャッシングについて解説していたのですが、少しだけ収入のある主婦の借り入れについても紹介します。

 

実は、きちんとした職に就き、毎日安定した収入がある主婦の場合、キャッシングの選択先はたくさんあります。

 

収入があるため、銀行以外に消費者金融や信販会社で借りるという選択をすることができますからね。

 

もちろん、安定した収入があれば、主婦さんの職業や勤務形態は何でも問題ありません。

 

別に正社員でなくとも、準社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パート、自営業(個人事業主)でも構いません。

 

内職でも、審査に通る可能性はあります。

 

ただし、カードローンの種類によっては、年収や雇用形態について詳しく貸付基準に定めているところもあるので、申込みをする前に
お目当てのカードローンの貸付基準を調べておいた方が良いかもしれませんね。

 

また、しつこくなりますが、消費者金融は総量規制の対象のため、最高でも年収の3分の1までの借り入れとなります。

 

こちらについては気をつけてくださいね。