キャッシングとは

キャッシングとは、文字通りそのままお金を借りることを意味しています。

 

カードローンと区別して『キャッシング』という言葉が使用されることはありますが、明確にカードローンと区別されているということはありません。

 

とはいえ、キャッシングは一般的に小口の借り入れの際に使用されることが多いようです。

 

専業主婦がキャッシングする場合、これにはコツが必要となります。

 

専業主婦でもキャッシングができる条件は、総量規制が深くかかわってくるので、総量規制という言葉についても学んでおきましょう。

 

まず、専業主婦は消費者金融でキャッシングをすることはほぼ不可能と考えて良いでしょう。

 

なぜなら、消費者金融は総量規制の規制の対象であり、総量規制と
いう決まりは年収の3分の1を超える金額の借入を規制しているからです。

 

これが、年収を持たない専業主婦が消費者金融でキャッシングをすることができない決まりとなります。

 

専業主婦の場合、いくら配偶者の同意書があっても、消費者金融でキャッシングをすることは難しいと考えた方が良いでしょう。

 

しかしながら、総量規制の対象外である銀行ならば、銀行カードローンを契約することで専業主婦も借り入れをすることができます。

 

銀行カードローンを専業主婦が利用することができれば、食費や光熱などの生活費を借りることで家計の足しにできますし、育児のための費用の捻出を急に求められたときも、何とか支払に応じることが可能になりますよね。

 

ただし、どこの銀行カードローンでも専業主婦がお金を借りれるわけではありません。

 

銀行カードローンを契約してキャッシングをするためには、その銀行カードローンの貸付条件として、専業主婦も対象となっていることを確認することが重要です。

 

銀行カードローンの中にも、専業主婦の旦那さまの同意書や収入証明書類が必要になるところもありますし、その逆に、同意書や収入証明書が全く必要ではないところもあるんです。

 

もし、配偶者の方に余計な心配をかけたり、迷惑をかけたりしたくない場合、後者の銀行でキャッシング契約を結ぶのが良いでしょう。

 

専業主婦のキャッシングは銀行のみ?

専業主婦がキャッシングする場合は、銀行にお願いするのがおすすめです。

 

全国を探せば、銀行だけでなく、消費者金融や信販会社のようなキャッシング会社にも、配偶者貸付という専業主婦(主夫)でも契約できるサービスがありますが、このようなサービスがある会社は限られています。

 

また、それらの消費者金融の信販会社のサービスは、やはり、金利が高く、銀行のキャッシングと比較すると家計は優しいとは言えないでしょう。

 

やはり、キャッシングは、返済が切っても切り離せない関係となるので、金利が低く、返済額も少な目で確実に自分のペースで支払いを続けていけるサービスが良いですよね。

 

銀行でのキャッシングは、やはり、銀行という金融機関の社会的立場を鑑みれば分かる通り、安全かつ良心的に運営されているので、借り入れの申込みをする側としても安心できるのではないでしょうか。

 

銀行は自分の口座を持っていて、お金を預けたり、公共料金の支払いの自動引き落としをしたり、振込をしたりするときにも使いますし、使い慣れたところを使うということも安心して借りれるという理由の一つとなります。

 

ちなみに、銀行カードローンの中で専業主婦もキャッシングできるものとなると、サービスの良いところでは金利が低いことはもちろん、50万円まで借りれるものもあります。

 

その際は配偶者に安定した収入があることは絶対条件とはなりますが、安定収入さえあれば、審査に通る可能性がありますので、貸付基準についてはそれほど不安になることはないでしょう。